子宮内膜症治療体験記

仕事を頑張っている女性へ「生理痛が辛い人は必ず読んで。」手術を経験した私が伝えたい事

mihiro
こんにちは!管理人の家事みです。

私は、毎月の寝込むほどの生理痛に苦しみ、救急車で2度搬送、手術を経験しました。

たかが生理痛と甘く見ないで欲しいんです。

今、生理痛が辛くて毎日の仕事に支障が出ているという方は、自宅での治療法も紹介しているので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




生理痛が辛いのは当たり前じゃありません

生理痛があるのが普通、薬を飲めば痛みが治るから大丈夫

と、以前の私は思っていました。

生理痛が辛いからと言って仕事を休めるわけでもないし、子供の面倒だってみなきゃいけない。

だから薬を飲んで我慢してました。ですが、その結果、

2度救急車で運ばれ手術することになったんです。

生理痛で辛い腹痛

下腹部が痛いだけではなく、胃痛までもするようになっていました。

ガスが溜まるような膨張感もありましたし、とにかく苦しかったです。

生理痛で腰痛

腰痛も生理期間になると発症してました。生理の期間になると必ず腰を痛めたり、重い感じがありました。

生理痛で頭痛

頭痛は月によって、あったりなかったりでしたが、とにかく痛み止めは欠かさず飲まないと仕事にならなくて、必ず飲んでました。

生理痛で吐き気

生理前になると吐き気を感じてました。もしかして妊娠?と思っていたら生理が来るという、、、妊活中の私にとって毎回落胆してしまう、紛らわしい症状でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




生理痛を放置した結果動けないほどの痛みになっていた

このような生理痛って感じる人も多いんじゃないかと思います。私はこの生理痛の症状が毎月の生理の度に痛みを増していきました。

先月よりも生理痛が辛くなる。

痛み止めを飲んでも痛い。

痛み止めを飲んでるのに痛みで耐えられなくて動けない。

最後はもう生理痛で動けなくなってしまってたんです。

なんでこんなに生理痛が酷くなったのか。

理由は、子宮内膜症と卵巣嚢腫でした。

生理痛の原因は子宮内膜症とチョコレート膿腫

私の場合、子宮内膜症が進行していました。毎月の生理で体外に排出されるはずの血が卵巣に逆流してしまい、そこに溜まってしまっていたんです。

そして、子宮の内側にあるはずの内膜が腹壁など子宮以外の場所にもできてしまい、そこから毎月出血することで激痛になっていたんです。

まさか私の体の中でそんな事が起こっているだなんて考えもしませんでした。

生理痛は誰でもあるものだと思っていたし、我慢できない私が弱い人間なのかなって思うこともありました。

でも違うんです。

生理痛が辛いのは異常です。

仕事が休めないから。

薬を飲めば楽になるから。

そんな理由で軽視しないでください。

私は、軽視した結果、救急車で運ばれて手術することになりました。

手術に関してはこちらの記事にまとめてます。

子宮内膜症治療体験記

不妊の原因は子宮内膜症でした。妊娠希望の私が手術を決断した理由

mihiro先日の記事体験談手術予定の卵巣の腫れが小さくなった話でも紹介しましたが、卵巣嚢腫が小さくなってはいたものの、生理痛の激痛は襲ってくるので、手術を受ける事を決めました。 私の毎回の生理痛の激 ...

生理痛の原因は子宮筋腫や子宮せん筋症の可能性も

決して脅かすためにこの記事を書いているわけではありません。

女性がもっと自分の体を大事に、自分の体の声に耳を傾けてほしいと思っているから書いてます。

子宮内膜症は特に、放置して重症化してしまうと不妊にも繋がります。

今は仕事が大事だから。

という気持ちも分かりますが、数年後子供が欲しくなった時に不妊になっていたなんて悲しすぎるじゃないですか。

仕事以上に大切なのって自分の人生そのものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




生理痛が辛いと感じている方は必ず病院へ

生理痛が辛いというのは普通ではありません。

生理痛が辛くて毎回痛み止めを飲んでいるという状態は異常です。

いち早く、近所の婦人科へ受診してください。生理痛が辛いという毎月の苦しみがなくなると、本当に毎日がより良い方向に変わっていきます。

子宮内膜症や卵巣嚢腫などで生理痛が辛い症状は自宅で治療ができます

私は、手術することになってしまいましたが、子宮内膜症や卵巣嚢腫、子宮せん筋症の生理痛の辛さは自宅で改善ができます。

毎月痛み止めを飲む必要もなくなりますし、ホルモン剤で副作用に怯える治療や手術をする必要はないんです。

生理痛が辛いからと言って病院へ受診しても、

子宮の全摘を考えたほうが良いでしょう

痛みとうまく付き合っていきましょう

妊娠も難しいかも

と言われてた方達が、自宅でのある方法で、痛みが改善されているんです。

止まらない出血や、起き上がれない痛みで悩んでた毎日が嘘のように、改善されることで人生が変わります。

私は、この方法は残念なことに、手術を終えてから知りました。もっと早く知りたかったです。

なぜ手術を終えた私がこの方法を見つけて実践しているかというと、

子宮内膜症は手術しても再発のリスクがあるからです。

 

せっかく手術を受けたのに、再発のリスクがあるなんて、、、、。

手術は腹腔鏡手術で回復も早かったですが、それでも体への負担はあります。自宅での改善方法を知っていたら手術は受けなかったと思います。

とは言っても、私の場合、妊活もかねて手術を受けたので後悔はしてないのですが、それでも再発のリスクは避けたいのので自宅での改善方法を実践してます。

 

もし、今、生理痛が辛くて、起き上がることすらできなくて毎月苦しんでいるという方は、手術を受けたりホルモン療法をする前にこの方法を知っておくことで、選択肢がとても広がると思うんです。

できれば体に負担のない形で健康的に生理痛を改善してほしいなと思います。

生理痛がなくなると、人生が変わります。

◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

まとめ

mihiro
生理痛が辛いというのは普通のことではありません。

生理痛がなくなると、人生が変わります。

痛みから解放される日が早くきますように。。。

スポンサーリンク







  • この記事を書いた人

mihiro

昭和生まれ、田舎育ちの自由が大好き人間です。海とプールが好きだから季節は夏が好き。食べる事、お酒、旅行好き。 シングルマザー、愛犬と息子と生活しながら、妊活、産後クライシス、離婚などなど自分の経験を気ままに書いてます。

おすすめ記事

-子宮内膜症治療体験記
-, , ,