産後クライシス

産後クライシス3つの意味を知って育児も夫婦関係も円滑になる方法

産後クライシスを私も実際に経験して、今だから思うことではありますが、

 

『産後クライシスは経験しといた方が良い』と思ってます。

 

 

今だから思えることなので、きっと読者ママさんも産後クライシスを乗り越えた時にきっと思うはずです!

なぜ経験しておいた方が良いか?ということをまとめてみまいたので、ご覧ください^ ^

 

mihiro
産後クライシスって何?という方は、こちらの記事も参考にしてみてください^^

産後クライシス

離婚の原因にも?!知っておきたい産後クライシスの5つの事

最近よく耳にするようになった『産後クライシス』という言葉。 大好きな人と結婚して、 目に入れても痛くないくらい、可愛い子供を出産して、 『あ〜私って幸せ♡』と思っていたのも束の間、、、。 毎日旦那さん ...

産後クライシス

産後クライシス中に夫がこれを守れば家庭が上手くいくオススメの10か条

産後クライシスって女性の問題だと思ってません? いえいえ、旦那さんの問題でもありますよ! 旦那さんが気付かないうちに、原因を作っている事もあるかも?! 産後クライシス中に旦那さんが気をつけることをまと ...

産後クライシス

産後のガルガル期で離婚シングルマザーが後悔した3つの理由

mihiroこんにちは!前回のテーマに続き今回も離婚についてですが、 読者ママさんは離婚を真剣に考えた事はありますか? ママ達とってもタイムリーな話ですね!! つい最近旦那と喧嘩した時に離婚の話がでま ...

産後クライシス

産後クライシス『離婚したいんですが。』と夫に伝えた結果...

mihiro産後クライシス中のママさん、今日も記事を見て下さってありがとうございますm(_ _)m 突然ですが、 離婚したいって考えたことありますか? 私はあります!! 特に産後クライシス中は毎日のよ ...

産後クライシス

産後クライシス4つの実践で夫の理解が深まり育児が楽になる方法

ママ達さっそくですが、産後クライシスをもっと夫に理解してもらいたいのですが、どうすれば良いでしょうか。。。 mihiro産後クライシスは旦那さんと積極的に共有して理解を深めていく事で早期解決につながり ...

スポンサーリンク

スポンサーリンク




産後クライシスの意味『夫婦の最初の試練』

大好きな最愛のパートナーと結婚し、幸せな2人の結婚生活が始まります。

結婚式の時に、誓い合った言葉を覚えていますか?

健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、

悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、

これを愛し、敬い、慰め合い、共に助け合い、

その命ある限り真心を尽くすことを誓いますか?

言い方は神父さんによって違うかもしれませんが、

誓う項目としては、常に相手を、

『愛する事』『節操を守る事』『一生を共にする事』を約束し、

お互いに思い遣り、相手に感謝を忘れずに毎日を共に生きていくことを決意し表明しますよね。

産後クライシスは、夫婦間の初めての試練でもあり、この誓いを本当に実践できるのか、試されているのです。

産後クライシスの現状をもしかしたら、『旦那さんに原因がある』、『奥さんに原因がある』

という具合に、相手のせいにしてしまっているかもしれません。

今まで2人での生活でしたが、赤ちゃんが産まれて新しい家族が増える事によって、家族の関係、夫婦関係になにかしらの変化が起きるのは当たり前のことです。

私たちは子供の頃から、人生の中でいくつもの環境の変化があり、周囲との関わり方の変化を経験してきました。

小学校から中学校へ、中学校から高校、大学、初めての就職に、部署の異動や転職。

全てがスムーズに円滑にいったという人もいるかもしれませんが、そうじゃない人の方が圧倒的に多いのではないかと思います。

色々な試練を乗り越えて私たちは、最愛のパートナーと出会い、結婚し、いまに至ったのではないでしょうか。

時には挫折する事もあるかもしれませんが、きっと大丈夫。

神様は乗り越えられる試練しか与えません。

 

 

産後クライシスの意味『親になる為の準備体操』

母親は妊娠期間を経て、命がけで出産をして親になります。

父親は妻が命がけで出産をした我が子を抱いて、より一層父性が湧き親になります。

赤ちゃんの出産と共に、2人は親になるのです。

産まれたばかりの赤ちゃんがこれからの長い人生を歩んでいく為に日々色々なことを経験して成長していくのと同じように、親も初めての育児で今までに経験をしてこなかった事を経験し親として成長をしていきます。

産後クライシスの発症期間で多いのが、出産してまもなくの時期から、だいたい2〜3年の時期で、親としてまだ間もない未熟な時です。

このことから私は、産後クライシスは親になる為の準備体操という事なのだと考えてます。

親になる準備体操がきちんとできてない場合は、可愛い我が子にたくさんの愛情を与えることができません。

今はまだ赤ちゃんでも、イヤイヤ期が始まり、反抗期を経験し、どんどん大人になる為の通過点を経験していきます。

その度に、思い通りにならない事、理不尽な事をたくさん子供と共に経験していかなければなりません。

産後クライシスは、これから先の長い子育てという期間の中で、つまずきそうになった時に、夫婦で愛情を持って我が子を守り、最愛の家族を守っていく為の準備体操なのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




産後クライシスの意味『お互いの成長』

産後クライシス中は、お互いにイライラしたり、不満や衝突が多くなり喧嘩も多くなります。

『喧嘩をするのは疲れるからしたくない』

だからといって、旦那さんは奥さんが怒らないように言われるがまま行動する、腫れ物に触らないように過ごす、

奥さんは旦那さんへのイライラや不満を我慢し抑え込むことで円満な家庭を築こうとする、

というという事は絶対にしないで下さい。

喧嘩は悪いことと考えて、お互い自分の意見をはっきりと言わずに夫婦喧嘩をさけていたら、お互いに不満が積もり積もって大爆発してしまうということに繋がってしまいます。

近年では、お互いに意思疎通や、長年自分の想いをきちんと相手に伝えてこなかったという事が原因で熟年離婚に繋がってしまったというケースが増えてきています。

もともとは他人なわけですから、育った環境も違いますし、価値観や考え方も違う相手です。

意見の違いや衝突は必ずでてきます。

だからといって、お互いに感情的になったり、怒鳴ったり、ひどい言葉を並べるような喧嘩はしてはいけません。

産後クライシスは、お互いにきちんと話し合いをしてお互いの理解を深めて、分かり合う努力をしていく。そして夫婦間で話し合えば私たちは分かり合えるんだという強い信頼関係を育てていく為の大切な作業なのです。

どうしても、話し合う過程の中で、

思い通りにいかないこと、理不尽に思う事はでてきてしまいますが、

その思い通りにいかないことへ対処をしていける力を高め、理不尽な事があったとしても、それを受け止める心の広さを身に付けていく事でより一層親として子供に愛情をもって育てていくという事のスキルを身に付けていくことができるのです。

産後クライシスには意味がある

産後クライシスというワードは一見ネガティブに聞こえる言葉かもしれません。

ですが考え方によっては、夫婦間の絆を強くし、また、親として大きく成長できる大切な出来事なのです。

産後クライシスは考え方を前向きに、ポジティブに捉える事で、必ず乗り越えられます。

これから先の長い育児生活の中で、夫婦間の信頼関係はとても重要です。現状を把握し理解を深め、産後クライシスときちんと向き合っていきたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




まとめ

産後クライシスは出産後に通る最初の夫婦の課題です。

2人で協力して乗り越えて素敵な家庭を作っていきたいですね。

スポンサーリンク







  • この記事を書いた人

mihiro

昭和生まれ、田舎育ちの自由が大好き人間です。海とプールが好きだから季節は夏が好き。食べる事、お酒、旅行好き。 シングルマザー、愛犬と息子と生活しながら、妊活、産後クライシス、離婚などなど自分の経験を気ままに書いてます。

-産後クライシス
-,