子宮内膜症治療体験記

子宮内膜症の腹腔鏡手術のへその痛みについて~3日目

mihiro
子宮内膜症からのチョコレート膿腫により、毎月の月経痛と不妊で悩まされていましたが、とうとう手術を決意しました。

とにかく毎月疲れやすいし、月の半分は体調不良の毎日...手術を決意したのは良いものの、前日までビビりまくってました。

あんなにビビっていたのに、気付いたらあっという間に終わっていた手術。

え?先生、本当に手術してくれたの?どうなの?( ・∇・)

ってくらい一瞬でした。

 

 

手術名は、卵巣嚢腫摘出手術。

この記事では卵巣嚢腫摘出手術後の様子や痛み、私の心境など書き綴っていきたいと思います。これから手術を受けられる方の参考になれば幸いです。

前回からの記事の続きです。

入院前のポイント

入院前に、自分が加入している医療保険の確認をしておくことをお勧めします。

<<参考前記事、入院給付金と手術給付金を受け取った場合の税金は?医療費控除は?

 

○子宮卵巣のコンディション改善妊娠術○~不妊症でも子宮卵巣の生殖機能を向上させて、健康な赤ちゃんを自然に授かる方法~

スポンサーリンク

スポンサーリンク




卵巣嚢腫摘出手術後の朝〜入院3日目〜

足には血栓予防のポンプ、お股には尿管、腕には点滴、、、。寝返りを打つのも一苦労で、とにかく早く全部外してくれ〜〜〜!!って感じでした。

朝の6時になれば、水が飲めるというのも凄く楽しみでした。

やはり目覚めたのは朝方の5時くらい。。。。睡眠導入剤の点滴を入れてもらってもやっぱり早く目覚めてしまいました。

朝6時になり、やっと看護士さんが病室に来てくれました。

卵巣嚢腫手術後の朝〜歯磨きと洗顔〜

看護士「よく寝れましたか??」

私「いや、もう身動きが取りにくいし、そのせいか腰が痛いし、なんだかあばらも痛いし、すぐ目が覚めちゃいまいした。」

看護士「そうですよね、足のポンプは、もう外しますよ!

尿管は、朝ごはんの後に、病室を歩けたら外せますし、点滴も午前中で終わりですからね。

あ、でも、今日1日たくさん歩いてもらうんですけど、あんまり歩けなかったら、また足のポンプつけないといけないから頑張りましょうね!」

私「いっぱい歩くって、どれくらいですか?汗」

看護士「う〜ん、病院を10週くらいかな!」

私「( ̄▽ ̄;;)」

看護士「はいじゃあ、歯磨きと体拭きましょうね!」

手術後にそんな歩かないといけないんすか。。。と内心思いながらも、この不便な管達は早く外したいから、頑張って歩かないと、、、と思う私だったのです٩( ᐛ )و笑

看護士さんが、暖かいホットタオルで私のかだを拭いてくれました。

昨夜は熱で汗がびっしょりだったので、とても気持ちよかったです。

シャワーを浴びたかったですが、今日はシャワーは浴びれないとのことで、念入りに体を拭いてくれました。

看護士「これでお顔とか、気になるところ拭いてくださいね」

と言って、新しいホットタオルを渡してくれました。

思いっきり顔を拭いたのですが、よくおじさんが飲食店でホットタオルをもらった時に、おしぼりで顔を拭いているのをみて、「おえ〜〜っ」って思っていたのですが(←失礼)、おしぼりで顔をふく気持ち良さが凄い分かりました。

おじさんの気持ちが分かった瞬間でした笑

そして、歯ブラシと水が入ったコップと歯磨き粉と、銀のカップを渡されて、

看護士「これで歯磨きしてくださいね」と言われました。

ベットは自動で起き上がるのですが、起きた状態とはいえ、ベットの上で歯磨きなんて初めての体験、、、、・

磨き終わったとに、ペット出すのは、銀のカップに入れるそうで、なんとか磨き終わり、看護士さんが、後かたずけをしてくれました。

こんな汚いものを片ずけさせてしまいすみません、、、と思いました。

看護士さんって大変な仕事なんだなと改めて感じました。

卵巣嚢腫手術後の朝ご飯

やっと今日からご飯が食べれます。

歯磨きを終わった後に、冷蔵庫に入れておいたお茶のペットボトルを出してもらって、まずは一口飲みました。

お茶めっちゃうまい〜〜〜!!!!

お茶ってこんなに美味しかったっけ?なにこの飲み物、神ってる!!!!

ってお茶の美味しさにそれはそれは感動をしました笑(もちろん、普通の自動販売機で買えるお茶です)

お茶の美味しさに感動していると、朝ごはんが運ばれて来ました。

  • 五分粥
  • 味噌汁
  • 海苔の佃煮
  • 小松菜お浸し
  • 炒り豆腐
  • 白桃缶(ペースト)

この写真見ても全然美味しそうじゃないですよね笑

そもそも私おかゆ好きじゃないし、全てがペースト状で、離乳食じゃん!!って一人でツッコミ入れましたもん。

でもね、1日半くらいなにも飲まず食わずだったわけですよ。

腹ペコ状態なわけです。

どう見ても美味しそうには見えませんが、めっちゃ美味しかった!!!

空っぽの体に優しいおかゆが染み渡りました泣

久しぶりのご飯、というか離乳食?笑のようなご飯でしたが、食べることができるという幸せを噛み締めながら美味しく頂きました。

卵巣嚢腫摘出手術後の痛み〜朝〜

朝の時点で手術後の痛みは、腰痛とあばらと肩の痛みでした。

お腹は突っ張るような感じの違和感がありましたが、鎮痛の点滴を入れてもらってるのもあって、そこまで痛みはありませんでした。

卵巣嚢腫摘出手術後の昼〜入院3日目〜

朝ごはんを食べた後、お昼までの間、意外と忙しかったです。

のんびりベットで寝れると思いきや、、、汗

午前中からお昼にかけての様子を書いていきます。

卵巣嚢腫摘出手術後の初めての診察

朝ごはんを食べ終わってから、痛み止めの薬を渡されて飲みました。

その後、手術をしてくれた先生がお部屋まで来てくれて術後の様子を見てくれました。

体調の確認や、縫い跡の確認、あとは触診もありました。

その時に私も初めて縫い跡を見たのですが、お腹の下の方に1箇所、横サイドに1箇所づつ、おへそのとこに1箇所、合計4箇所に穴を開けて手術をしたそうで、そこに白いテープが貼られていました。

皮膚の下を溶ける糸で縫っていて、その上から、テープを2枚重ねで貼っているそうです。

なので、抜糸の必要はないという説明でした。

術後の経過は良好とのことです。

あと採血もされました。

腹腔鏡手術の術後のへその痛み

腹腔鏡手術で、おへそとお腹の下に1個、横サイドに1個づつ穴を開けているのですが、その穴の痛みはそこまで感じませんでした。

たま〜におへそなどの穴を開けたところが突っ張るような引きつるような感覚はありましたが、傷跡がすごい痛い!って感じはなかったです。

痛み止めを飲んでるせいもあるせいもあるかもしれません。

卵巣嚢腫摘出手術後の尿管からの解放

その後、看護士さんが来て、尿管を外してくれました。

まず、ゆっくりと起き上がるよう指示されて、体を起こす時に腹圧がかかりちょっと痛みましたが起き上がることはできました。

そこからゆっくり立ち上がるのですが、ずっと寝たきりだったせいか、すっごいめまいがします。

私「あ〜、ちょっと立ちくらみが、、」

看護士「無理しないで、一回座りましょう」

と言って、そこから5分くらいかな?ベットに腰掛けて休みました。

落ち着いて来たので、そこから、また立ち上がり、トイレまで歩く練習をします。と言っても、病室にトイレがついているから、ちょっとの距離なのですが、やっぱり歩くと傷に響きお腹が痛かったです。

ですが、耐えれる痛みなので、トイレまでの歩行はできました。

看護士「OKデスネ!!では、尿管外しましょうね、これが外れればだいぶすっきりしますね♬」

ああ、やっと尿管外れる〜嬉しい、でも尿管外すときにすごい痛いって誰かのブログに書いてあったな〜怖い、、、(-_-)

看護士「では、ベットに腰掛けてくださいね」

私「は、はい、、」

看護士「じゃあ、力抜いてくださいね、3、2、1」

わわわ!!来る!!!

 

 

 

スポッ。

 

 

私「う、、」

 

 

看護士「はい取れましたよ♬パンツ履いて大丈夫ですよ」

って一瞬の出来事だったのですが、思っていたよりも痛くなかったのでよかったのですが、外す瞬間に意思とは関係なく、少し尿が出てしまったんですね。

この歳になって、おもらしのような感じになりとても恥ずかしく、、、ベットが少し濡れてしまったんです。本当恥ずかしい。

私「すいません、、、少し出てしまったようです」

看護士「あら、大丈夫ですよ、じゃあシーツ交換するからちょっと待っててくださいね」

って笑顔で処理をしてくれました。

私には天使に見えましたよ〜〜〜泣

看護士さんて本当大変な仕事、、、、優しい看護士さんに終始癒されていました泣泣

卵巣嚢腫手術後の初めての歩行

優しい看護士さんに付き添ってもらいながら卵巣嚢腫手術後の初めての歩行練習が始まりました。

腹腔鏡手術は回復が早いと言いますが、こんな手術後すぐに歩かされるんですね。

病院の中をぐるぐる歩くのですが、やっぱり歩くと痛かったです泣

寝てると、そんなに痛くないんですけどね、、。

でも、これで頑張って歩かないと、今日もまた足のポンプを付けて寝ないといけないので頑張って歩きました。

看護士さんの付き添いのおかげで、順調に初めての歩行はできました。今日1日かけて、夕方までに病院内を10周してくださいねというノルマをいただきました( ̄▽ ̄)

卵巣嚢腫摘出手術後のお昼ご飯〜入院3日目〜

  • 牛乳
  • 五分粥
  • スズキのレモン蒸し
  • 大根のゆかり和え
  • 野菜の炒め煮

おかゆが苦手なので、ゆかりのふりかけを持参してたので、それをかけて食べました。

朝ごはんをしっかり食べていたので、あんまりお腹が空いていなかったせいか、残念ながら朝のようなご飯の感動はありませんでした^^;

やっぱりおかゆは苦手なんだな〜、、、。

なんだかんだで、お昼ご飯もしっかり食べれたので、点滴をやっと外してもらうことができました。

これで、私の体からあらゆる管が外されました!

とても爽快な気分でした笑

卵巣嚢腫摘出手術後の午後〜入院3日目〜

午前中はなんだか忙しかったのですが、午後はとてもゆったりした時間を過ごしました。

病院内を歩くノルマを与えられてましたが、お昼ご飯を食べた後に、猛烈な眠気に襲われ、気付いたら寝てました笑

起きたのが14時すぎくらい。

手術後は疲れやすいそうです。

卵巣嚢腫摘出手術後の痛み〜入院3日目の午後〜

やっぱり歩くとお腹に響いて痛くて、ゆっくりでしか歩けませんでした。

横になっていれば、突っ張るような違和感があり、あとは、ずっと寝ていたせいか腰が痛みます。

あと、手術の際にお腹にガスを入れて膨らました状態で手術をするのですが、そのガスが出ていくせいで肩やあばらが痛いのは続いてました。

今までにこんなにひどい肩こりになったことはない!くらいの肩の重だるさ、、、。

看護士さんに伝えると、湿布を持ってきてくれて肩に貼ってもらいました。湿布を貼ると、少し楽になりました。

痛み止めは飲んでるので激痛ではないですが、それでもやっぱり我慢できる適度ではありますが、痛みはありました。

あとは、尿管を入れていたせいか、おしっこをする時に痛みがありました。

尿管を入れていた後は、膀胱炎になりやすいそうで、水をたくさん飲むように指示されました。指示通り水をたくさん飲んでいて、尚且つ、午前中は点滴をたくさん入れられていたので、おしっこが近いんです。

トイレに行くたびに憂鬱でしたよ(T . T)

卵巣嚢腫摘出手術後の夜〜入院3日目〜

そんなこんなで歩いたり、横になったりを繰り返しながらゆっくりと時間は流れ夜ご飯の時間になりました。

  • 全粥
  • 柚味噌
  • 肉団子の南瓜クリーム
  • 白菜コンソメ
  • カリフラワーパプリカサラダ

またもやおかゆ笑。

まあ、しょうがないですね。食べれることに感謝しないと。

ご飯のお供についていた柚味噌はとても美味しかったです。

明日からはやっとおかゆではなく普通の白米が食べれます!しかも食事制限もなくなるから、大好きなコーヒーも飲める!!!

ああ、明日が楽しみです。

今回の手術を無駄にしない為にも私が妊活で取り組みたいと思った事

今回の手術は、毎月の生理痛の痛みから解放されたいという思いと、2人目を妊娠したいという思いから受けました。

入院中に健康でいる事がいかに大切かということを身にしみて実感したんです。

手術したから妊娠するとは断言できないので、退院後は少しでも子宮と卵巣のコンディションを良い状態に保ちたいと思いました。

入院期間は時間に余裕があり、暇に慣れば、妊娠しやすい体を作るにはどうすれば良いのかという情報をネットで検索ばかりしていました。

そんな中、たまたま見つけたのが、不妊治療を5年続けた43歳の女性が子宮筋腫と子宮内膜症を患っていたにも関わらず、あっさりと自然に赤ちゃんを授かった方法というものです。

大切なのは、子宮と卵巣のコンディションを良い状態にするとい事だったんです。

1日30分で子宮と卵巣のコンディションを良い状態にするという方法が紹介されていたので、退院後に早速実践してみたいなと思いました。

○子宮卵巣のコンディション改善妊娠術○~不妊症でも子宮卵巣の生殖機能を向上させて、健康な赤ちゃんを自然に授かる方法~

まとめ

卵巣嚢腫摘出手術後の夜は、疲れているのか急激な眠気に襲われ睡眠導入剤なしで速攻寝ることができました。

次の記事では入院4日目の様子について書いていきたいと思います。

>>次の記事、卵巣嚢腫摘出手術のブログ入院4日目〜手術後の痛み〜>>

 

スポンサーリンク







おすすめ記事

-子宮内膜症治療体験記
-, , , , , ,