産後

産後クライシス産後うつ|管理人の想い

このサイトを知り、ご訪問頂きありがとうございます。

管理人の家事みです。

このサイトに辿り着いた方は、きっと今、『産後クライシス』や『産後うつ』などのメンタル的なお悩みを抱いているのではないでしょうか。

このサイトを閲覧する事で、今の気持ちが少しでも楽になり、育児を前向きに出来るようになって頂ければ幸いです。

このページでは、産後クライシスと産後うつのサイトを立ち上げようと思った際の、私の想いを書かせて頂きます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




私も産後うつになりました。

私は現在小学生になる子供の母親です。

子供は1人で、1回の出産経験です。

その際に私も産後うつになりました。

出産したばかりの時は、生まれたての赤ちゃんをみて、

心底可愛いと、

 

なにがあってもこの子を守っていこうと思いました。

 

 

ですが、出産してから2ヶ月ほど経過した時期には、

子供が可愛いと思えない

全て投げ出して人生1からやり直したい

家事も育児ももう何もしたくない

いっそこのまま消えてしまいたい

恥ずかしながら、こんなネガティブな事ばかり考えていた時期があります。

 

 

今この記事を読んでいるあなたも、もしかしたらこんな感情を抱いてしまい、また、抱いてしまう自分に嫌悪感を抱き自分を責めて苦しんでいるのではないでしょうか。

 

 

私もそうだったんです。

 

 

 

今振り返ると、完全に産後うつ状態だったのです。

 

 

 

私も産後クライシスを経験しました。

そんな産後うつ状態の私は、自分では鬱状態かもしれないとなんとなく分かっている一方で誰にも相談できませんでした。

 

 

 

私が鬱になったなんて、周囲の人に恥ずかしくて言えなかったんです。

 

 

 

もちろん旦那にも。

 

 

 

そして、認めたくない自分もいました。弱い自分になりたくなかったんです。

 

 

自分の状態も、気持ちも、正直に旦那に話せない私は、旦那にも強くあたってしまい、そうする事で自分の気持ちを保とうとしていたのだと思います。

 

もともと家に不在がちな旦那でしたが、きっと家庭の居心地も悪くなったのでしょう。

 

ますます家に帰ってこないようになってしまい、喧嘩も絶えず、夫婦仲はボロボロでした。

 

 

 

 

どうして育児の大変さを理解してくれないの

どうして自分ばっかりこんな辛い想いをしなきゃいけないの

旦那が嫌いでしょうがない

この人となんで結婚したんだろうという後悔早く離婚したい

いっその事、死んでくれればいいのに

 

 

毎日のように思っていました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




産後のメンタルはボロボロでした。

産後うつを発症し、その延長で夫婦仲も悪化、産後クライシスを経験することになり、私の心は見えない何かに押しつぶされそうでした。

 

 

 

今、この記事を読んでいるあなたも、もしかしたらそう思っているかもしれません。

 

正直に言います。

 

 

出産して、産後1年は特にですが、子育てを楽しいと思えませんでした。

 

 

むしろ、辛い、苦しい、もう嫌だ、逃げ出したい、、、、、

 

そんな思い出ばかりです。

 

産後うつと産後クライシスはいつか必ず終わります。

でも大丈夫。

その辛い気持ちや、押し潰されそうな心はいつか必ず元どおりになります。

 

 

私は、今は育児も楽しいと思ってますし、子供も本当に可愛い、旦那とも結婚して良かったと思っています。

これは嘘じゃありません。本当に心底思ってます。あの辛い日々が嘘のようにです。

 

 

なので、あなたも絶対そんな日が必ず来ます。

 

 

産後うつや産後クライシス中は、終わりのないトンネルの中に永遠にいるような気持ちになっていましたが、気付いた時には、トンネルの外の陽が当たる明るい場所に抜け出せていました。

 

 

その解決策や、解決方法は詳しくは記事に書いています。

 

ですが、残念なことに、『これをやったから絶対に解決する』という方法はなく、解決策は人それぞれです。

 

 

 

唯一、全員に共通して言える解決策は『時間の経過』と、『子供の成長』が解決してくれるという事です。

 

 

 

時間の経過といっても、一人で悶々とした状態でやり過ごすのではなく、共感し合える友人や悩みを打ち明けられる人は絶対にいた方が良いです。

 

誰にも相談できない、自分の悩みや本当の気持ちを押し殺していると、自分の心が死んでしまいます。

 

 

そうはいっても、実際に周囲の友人や家族には言いにくいんですよね。

だからこそ、こういったネット上では、自分の素性を知られる事なく、なんでも相談ができるし、自分の本音が言えるんです。

ネット上だからこそ言える本音

私が書いた記事は、実際に私が経験した事や、周囲のママ友の話などを参考に書いてます。

この記事を読んで少しでも今の気持ちが楽になったり、前向きに育児を出来るようになって頂ければ、私も誰かの役に立てたんだと嬉しい気持ちになります。

私自身も、ネット上だからこんなにも本音で、産後うつ中の気持ちや、産後クライシス中の辛かったことを書くことができます。

なので、悩みを打ち明けたいけど、周囲には話せないという方は、自分の悩みをネット上だったら打ち明けられるかもしれません。

その悩みを共有する事で、現在産後うつや産後クライシス中で辛いと感じるママさんの参考になったり、気持ちが少しでも楽になるのではないかと考えてます。

1人じゃないんだって、少しでも育児を明るく前向きに考えれるようになる方が1人でも増えればと思ってサイトを作っています。

私だけが辛いと思っていたその苦しみが、共有する事で他のママさんを救えることができますし、救われることもあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




ps.自分の為にも書いてます。

余談にはなりますが、、、

今私は2人目を妊娠希望中です。

ですが、正直いうと、気持ちの中で葛藤があります。

『また、あの辛い想いを経験しないといけなくなるかもしれない。』

子供は欲しいけど、また産後クライシスや産後ウツ状態になった時にやっていけるだろうか、、、、と。

正直思ってるんです。

なので、この記事を書いて、当時の想いや、産後クライシス、産後うつについて整理をする事で私の気持ちと頭の整理をしています。

記事を書いていく中で、この気持ちや今までの経験が誰かのためになれれば私も強くなれるような気がしてます。

どうか温かい目で見て頂けますと幸いです。

 

スポンサーリンク







  • この記事を書いた人

mihiro

昭和生まれ、田舎育ちの自由が大好き人間です。海とプールが好きだから季節は夏が好き。食べる事、お酒、旅行好き。 シングルマザー、愛犬と息子と生活しながら、妊活、産後クライシス、離婚などなど自分の経験を気ままに書いてます。

-産後
-, ,