自宅サロン開業

自宅サロン開業資金と費用を安く抑える3つのコツ

 

 

自宅サロンといってもエステなのかアロマなのかネイルなのか業種によって必要な備品などは様々ですよね。

今回の記事では私も経営経験があるアロマサロンとエステサロンの開業する際に必要な備品の費用と資金をまとめていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




自宅サロン開業資金〜エステサロンの場合〜

自宅でエステサロンを開業する際に必要な備品は、

  • マッサージベット
  • スツール(高さ調整できるイス)
  • ワゴン
  • タオル類
  • タオルウォーマー(ホットタオルを作るもの)
  • スチーマー
  • 高純度純水器
  • フェイシャルスポンジ
  • コットン、綿棒、ガーゼ備品
  • 取り扱う化粧品
  • 取り扱いたい美容機器
  • フットバスやヒートマットなど

取り扱うコースにもよるかと思いますが、最初に揃えておきたい備品はこんな感じかと思います。

それでは1つずつ費用を見ていきましょう。

自宅エステサロン開業費用①マッサージベット、スツール、ワゴン

自宅エステサロンを開業するにあたり必要不可欠なのが、マッサージベット、スツール、ワゴンの三点セットです。

私が自宅サロンを経営していて思ったのが、ベットは折りたたみ式のものが便利です。

自宅サロンを開業すると、1部屋自宅のお部屋が使えなくなるのですが、1番場所をとるマッサージベットが折りたためる事により、サロンを営業していない時間帯にお部屋を有効活用する事ができます。

一番安くても13,000円〜購入できます。

スツールは3,000円〜購入可能です。

ワゴン(キャスター付きのものにしましょう)は2,300円〜購入可能です。

フェイシャルベット+ワゴン+スツールで22,140円で売られているものもありました。

エステ=フェイシャルベットを購入という方もいらっしゃるかもしれませんが、私は先々の事を考えてフェイシャルベットではなくマッサージベット(リクライニング機能付き)のものを購入されることをお勧めします。

というのも、最初はフェイシャルだけのサロンメニューにしようと考えていても、フットマッサージや背中のマッサージをコースに入れていく→ボディーのコースも取り入れるとなった際にフェイシャルベットでは施術が難しいのです。

マッサージベットだと、リクライニング機能がついているものであれば十分フェイシャルコースに入る事ができます。

途中で買い換えるとなった時に、不要になったフェイシャルベットを処分するのは大変です。

フェイシャルベットやマッサージベットは今では安価で購入できるため、中古品はなかなか買い手が見つからなく、処分するのも一般ゴミでは出せませんので費用もかかります。

フェイシャル専門店にすると考えている場合でも、マッサージベットを購入されることをお勧めします。

マッサージベット+スツール+ワゴン費用

最低価格での計算です。

マッサージベット13,000円+ワゴン2,300円+スツール3,000円

合計18,300円+消費税

自宅エステサロン開業費用②タオル類、タオルウォーマー

自宅エステサロンで欠かせない備品として、タオル類とタオルウォーマーがあります。

まずタオルですが、ベットにひく大判タオルと、お客様にかける大判タオルが必要ですので、大判タオル2枚は最低限準備しておきます。

業務用大判タオルは2枚で¥4,110から購入可能です。タオルの質にこだわるならもう少し費用はかかってきます。

あとは、ホットタオル用やベットメイキングなど色々なシーンで必要なフェイシャルタオル。

フェイシャルエステの拭き取りで必要な赤線タオルは12枚入りで2.180円

通常のタオルだと、12枚入りで2,680円で購入可能です。

自宅サロンの場合12枚ずつあれば最初は十分です。足りないなと感じたら少しずつ買い足しましょう。

 

エステガウンも用意しておくと良いとは思いますが、サロンのコースによって使ったり使わなかったりするので今回は費用にはいれませんが、安いもので、1,780円ほどで購入可能です。

タオルウォーマーは最安値で6,332円で購入可能です。

 

タオル類+タオルウォーマー費用

タオル類4,110円+2,180円+2,680円タオルウォーマー6,332円

合計15,302円+消費税

自宅エステサロン開業費用③スチーマー、精製水器、フェイシャルスポンジ等備品

自宅エステサロンでフェイシャルメニューを行う際に最低限必要な備品についてです。

まずはスチーマーですが、こちらも本当にピンキリで、スチーマーだけではなく、その他にもイオン導入など様々な機能がついているものですと●十万するものもあります。なのでどのようなコースを提供するのかにもよるのですが、今回はフェイシャルで必要最低限なスチーマーの機能だけを果たしてくれる機器で金額をみていくと、15,980円から購入可能です。

 

卓上スチーマーという場所を取らない小型のものもありますが、個人的には使いにくく、価格も通常のスチーマーと大差ないのでやめておいたほうが良いと思います。卓上スチーマーは13,000円程で購入できます。

スチーマーを使う際に使うお水は精製水なのですが、こちらはドラッグストアで1本500ml(だったかな?)で、100円くらいで購入できます。

100円なら安いな〜と思うかもしれませんが、塵も積もれば山となるで、サロンで使うとなると自分で作った方が安上がりです。

精製水を作る精製水器は購入しておいた方が良いです。

8,950円で購入できます。

フェイシャルスポンジは10枚で1,380円

 

綿棒、ガーゼは100均でも購入可能なのでそれぞれ100円とします。

コットンは業務用のフェイシャルコットンで2000円弱ほどで購入できます。

フェイシャルに最低限必要な備品

スチーマー15,980円+精製水8,950円+フェイシャルスポンジ1380円+コットン2000円綿棒100円ガーゼ100円

合計28,510円+消費税

自宅エステサロン開業費用は最低限だと¥67,080円+化粧品や美容機器代

自宅エステサロンを開業する際に必要最低限の備品(ベット、スツール、ワゴン、タオル類、タオルウォーマー、スチーマー、精製水器、フェイシャルスポンジ、コットン、ガーゼ、綿棒)で¥67,080円でした。

これにプラスして、サロンメニューに導入する化粧品代や資格取得の為の費用、お客様の満足度を高める為のフットバスやヒートマットなどの費用がかかってきます。

一般的には20万〜30万ほどですが、導入する化粧品やディプロマ、エステ機器によって100万円程かかる事もあります。

 

自宅サロン開業資金〜アロマサロンの場合〜

エステサロンよりも資金を安く抑えられるのがアロマサロンです。

エステサロンでは、エステの機械や化粧品を購入する費用がかかってきますが、アロマサロンは精油とオイルのみの費用で抑えられるからです。

アロマサロンを自宅で開業する際に必要な備品は、

  • マッサージベット
  • スツール
  • タオル類
  • タオルウォーマー
  • 精油
  • オイル
  • フットバスやヒートマットは任意

です。

その他に、ホットストーンやハーブボウルなどオプションメニューを取り入れる際はそちらの費用もかかりますが、今回はアロマサロンとしてアロマトリートメントをする際に必要最低限のものだけを紹介します。

自宅アロマサロン開業費用①マッサージベット、スツール

自宅アロマサロンを開業する際に必要なマッサージベットとスツールについてです。

ワゴンはあってもなくてもどちらでも良いかなと感じています。もちろんあると便利といえば便利ですが、なくても施術は可能です。

自宅エステサロン同様、ベットは折りたためるものが良いですね。

また、リクライニング機能が付いているものを選ぶ事で、マタニティマッサージやフェイシャルメニューなど、今後メニューの幅を広げることができます。一番安くても13,000円〜購入できます。

マッサージベット+スツール費用

マッサージベット13,000円+スツール3,000円

合計16,000円

自宅アロマサロン開業費用②タオル類、タオルウォーマー

自宅でアロマサロン開業する際に必要なタオル類ですが、フェイスタオルだと、12枚入りで2,680円で購入可能です。

自宅サロンの場合12枚ずつあれば最初は十分です。足りないなと感じたら少しずつ買い足しましょう。

 

エステサロン同様、ベットにひく大判タオルと、お客様にかける大判タオルが必要ですので、大判タオル2枚は最低限準備しておきます。

業務用大判タオルは2枚で¥4,110から購入可能です。タオルの質にこだわるならもう少し費用はかかってきます。

 

タオルウォーマーは最安値で6,332円で購入可能です。

 

タオル類+タオルウォーマー費用

タオル類4,110円+2,680円タオルウォーマー6,332円

合計13,122円+消費税

自宅アロマサロン開業費用③精油、オイル

自宅アロマサロンを開業して施術する際に必要不可欠な精油とオイル類です。

これは卸すメーカーによって最低金額も変わってくるのですが、最初に買い揃える費用として10万円ほどあれば買い揃えられると思います。(私がサロンで卸している業者は最初の導入費用が10万円でした)

自宅アロマサロン開業費用は最低限だと¥31,451+アロマオイル代

エステサロンに比べると、費用が少し抑えられるアロマサロン。

アロマオイル代10万円と見積もっても、15万〜20万あれば良いでしょう。

 

内装を行う場合の自宅サロン開業資金

自宅サロンを開業する際に自宅の1室をサロンにするわけですが、自宅感が出てしまうと、せっかく来店して頂いたお客様もがっかりですので内装をした方が良い場合はこちらも費用がかかってきます。

一般的に20万ほどど言われています。

新築であったり、内装に手をかけなくても良い場合は内装費用はかかりません。

自宅サロン開業その他に必要なもの

お客様のカウンセリングをする際のイスやテーブル、備品をしまうための棚などの家具が別途必要な場合があります。

自宅で使えそうなものがあれば、そちらを最初のうちは代用し、お店が繁盛してきてから買い揃えるという手もあります。

こちらも予算に合わせて準備していきましょう。

また、お客様がリラックスできるように演出するための、間接照明やBGM、メニュー表やチラシを作る際のプリンター、予約を受ける際の固定電話なども必要になってきますが、自宅サロンですので、自宅にある機器で代用できる場合は買い揃える必要はありませんね。

自宅サロン開業安く費用を抑えるコツ

今までご紹介した備品は楽天やアマゾンなどのネットショッピングで誰でも購入可能なサイトから紹介させて頂きました。

開業届を出し、サロンとしてオープンした際には、専門の卸業者から備品を通常価格より安く購入することが可能です。

専門のサイトから購入する際にはサロンがきちんと存在していることを証明できるようにしておく必要があるところがほとんどですので、準備を整えてからサロン専売業者から買い揃えた方が費用は安く抑えられます。

その他に自宅サロン開業費用を安く抑えるコツ3つを紹介していきます。

自宅サロンに必要な備品は中古品を活用

フリマアプリやオークションサイトで意外とマッサージベットなどのエステやアロマサロンで必要な用品が出品されています。

閉店するサロンなどが、捨てるにはお金がかかるので出品しているケースがありますのでチェックしてみると良いです。

購入する際は、壊れている箇所はないか、傷は目立たないかなど、詳しく質問してみてから検討しましょう。

集客に必要なホームページは自分で作成する

サロンを開業する際に必要なのがホームページです。業者に依頼すると数万円かかってしまうのですが、自分で簡単に作る方法があります。

こちらの記事にも紹介していますので参考にしてみて下さい。

自宅サロン開業

自宅サロン開業準備〜ホームページの作り方〜

2018/9/10    

自宅サロンを開業しよう!! そう思ったのなら、まずはお店の看板となるホームページが必要です。業者に依頼すると、●万円から●十万円費用が必要ですが、自分で作れば数千円から1万円ほどあれば作成する事ができ ...

自宅サロン開業

自宅サロン開業ホームページデザイン方法〜ワードプレスのテーマを選ぶ〜

前回記事でも紹介した、自分で自宅サロンのHPを作る方法の続きです。 こちらの記事を参考に、サーバー契約とドメイン取得を行い、ワードプレスをインストールした後の設定方法について紹介していきます。 スポン ...

メニューは絞って開業する

自宅サロンを開業する際に、あれもこれもメニューを作ってしまうのはお勧めできません。その分、準備する際に費用がかさみます。

まず最初は『このメニューで勝負する!』と1つメニューを絞ってサロンオープンすると良いです。

コストを抑えられるメリットもありますし、1つ専門性のあるメニューがある方が、集客や今後のサロン経営の強みにも繋がります。

メニューはサロンが軌道に乗ってからでも増やすことは可能です。

自分のお店に来店してくれるお客様が何を求めているかリサーチしながら、メニューを少しずつ増やしていきましょう。

私がオススメする自宅サロン開業時のポイント

自宅サロンを開業する際に私がネックに感じていたのは、「不特定多数の人が自宅に出入りする」ということでした。

人柄が分かっていて信頼関係が築けているお客様でしたら、サロンを運営する自分自身も安心してお客様に来店していただけますが、初めて来る方がどのような方かというのは予測できません。

レンタルサロンを使う

私はもともとサロンの店舗を借りて自宅とは別の場所で営業していました。自宅サロンに移行する際に、常連のお客様は自宅に来て頂き、新規のお客様はレンタルサロンに来ていただくというスタイルを取っています。

レンタルサロンとは時間貸しをしてくれるサロンで、1時間数千円から予約が入った時だけ料金が発生するという仕組みです。

自宅サロンに新規のお客様を呼ぶのに抵抗があるという場合、私のように新規のお客様はレンタルサロン、常連になったお客様や友人知人は自宅サロンに来ていただくという形も良いのではないでしょうか。

その際には、自宅からなるべく近いレンタルサロンを借りるのがベストです。

自宅感が出ないように工夫する

一番気をつけないといけないのが「自宅サロン感を出さない」ということです。

いくら自宅で営業するとはいえ、お客様は「エステサロン」「アロマサロン」に施術を受けに行くのです。

一軒家でもマンションでも、玄関から入ってすぐの部屋を活用できるのがベストです。

どうしても、他の部屋を通らないといけない場合は、サロンスペースだけではないところまで気を配る必要があります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




自宅サロン開業資金と費用を安く抑えるコツまとめ

  • 自宅エステサロンの場合開業資金は67,080円+化粧品や美容機器代(最低でも合計20万〜30万)
  • 自宅アロマサロンの場合31,451円+アロマオイル代(最低でも合計10万〜15万)
  • その他に内装費や新しい家具、ディプロマ代、講習費用など
  • メニューは絞って開業する
  • ホームページは自分で作成する
  • マッサージベットなどの備品は中古品も検討してみる

スポンサーリンク







おすすめ記事

-自宅サロン開業
-