産後

だんなデスノートが存在していた!『旦那に今すぐ死んで欲しい』怖すぎる妻たちの本音

『旦那に今すぐ死んで欲しい。毎日思っている。』

って、怖い怖い( ゚д゚)ガクブル

インターネット上にある、だんなデスノートの存在はご存知でしょうか?

だんなデスノートサイトはこちらです。

 

このサイトの存在を知ったのは、私が産後クライシスで旦那に対して超絶イライラしていた時のこと。

これ、今となってはママ友間で、わらい話のネタで話すんですけど、意外とみんな知っているという怖い現実笑。

産後クライシスを経験した妻たちに話題沸騰のダンナデスノートについて見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク




だんなデスノートとは?

結婚した自分があきれる。鬱になりそう。お願いだから死んで。世の中にはお前より素晴らしい人達が生きられないとか不公平だ。

だんなデスノートのサイトを開くと、トップページに記載されているこのメッセージ。

恐怖を感じますね笑

だんなデスノートに会員登録をすると、ネット上のデスノートに書き込みをできるという仕組みです。

会員登録は無料。

また、会員にならなくても、他の方々が記入したデスノートの内容が見れるというわけです。

そこには数々の奥様方の不満が、、、、。

だんなデス・ノート 夫の「死」を願う妻たちの叫び/死神【1000円以上送料無料】

価格:1,188円
(2017/11/20 16:38時点)

一体どんな書き込みがあるのでしょうか。

外面だけ旦那。イクメン自慢男にイクメンはいない。

やってやってるんだ、頑張ってるんだ、俺やってる方だ、お前がやれ、周りが悪い……
あーーーーうざい自己愛。人のせいにするな被害者ぶるな、キレるな、言い訳するな、モラハラDVがしね!泥酔して吐き散らしたダンナが高速を走ります。死神様、今がチャンスです。今日しかないです。お願いします。私や娘にこれからの人生をください。酒飲んで死ぬはずだったのに、死んでません。帰ってこなくて結構、お前なんかいらない。車好きでファミリーカー乗らないあいつに愛車と共に逝かせてあげてください。

妻の本音、、、ってすごい。

結構過激な投稿多いです。

毎日残業が辛いから田舎で公務員をやりたいと言い出し離婚するべきか迷っています

29歳の主婦です。最近の夫がありえないことばかり言うので困っています

夫は大手の広告代理店に勤めており、正直かなり収入はいいと思います。ですが、近頃「もうこの仕事は続けられない。実家に帰って公務員をしたい。」とばかり言っていて聞くに堪えません。

夫とは大学のサークルで出会いましたが、とても人間的に魅力があるとは言えず、そこに勤めることが決まっていなければ絶対に付き合わなかったと思います。私自身も銀行に勤めていたので、夫が稼ぐという条件で家庭に入りました。

しかし、毎日残業が辛いから田舎で公務員をやりたいと言い出し離婚するべきか迷っています。
約束を破ったこともそうですが、私は東京生まれなので田舎には行きたくないし、何よりも育児には休みなんてないのに泣き言を言わない私はどうなるのという感じです。
会社なら遅くとも終電で帰ればいいものを、私は息子が泣きだしたらどんな時間でも起きなきゃいけないわけですし。

大して稼ぎもしない夫と暮らすなんてまっぴらごめんです。こんなことなら離婚しようと思っています。
どうしたらよいでしょう。

こんな感じのお悩み相談もあります。



だんなに贈る川柳5・7・5

ファミリーカー どうして乗せない ファミリーを まだまだ言い足りない 早々

 

死んでくれ それが私の 生きがいだ

 

即死して 早くなりたい 未亡人

 

この川柳投稿、何気に好きです。

止まらないダンナデスノートの人気の理由は?

結婚生活に不満を抱いているという奥様がこんなにも世には存在しているんですね。

離婚したいと思っても、子供がいるとそうも簡単に離婚なんかできません。

その不満を、ネット上に匿名投稿をする事で、ストレスのはけ口となっているのでしょう。

私も実際、産後クライシス中に、怒りがピークになると見ていました。

こんなにも同じような思いをしている奥様方がいるのかと思うと、ちょっと安心するんですよね。

あとは、見てると笑えてくるんです。

匿名だから、本音をズバズバ言っていたり、川柳にして面白おかしく投稿しているのを見ていると一人でクスクス笑えてきて、なんかまだ頑張れそうと思えてました笑

だんなデスノート、TVにも取り上げられる人気

フジテレビなどでも、このだんなデスノートを話題にあげて番組の企画にもなっているみたいです。

ネットの反響や影響ってすごいなって身に染みます。

だんなデスノート書籍化

ついに本にまでなってしまいました!

昔から知っている1利用者としてはなんだか嬉しい気持ちです笑

ただ、賛否両論みたいで、『男女差別批判』など編集者も想定外の批判があるみたいですよ。

やっぱりこういう陰口的な情報はネット上だからこそ良いのでしょうか。

旦那さんには絶対に見つからないように見たいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




時には夫婦喧嘩も必要ですが、だんなデスノートに書き込まれる事がないように日頃から夫婦間のコミュニケーションはしっかり取っていきたいですね。

スポンサーリンク







おすすめ記事

-産後
-, ,