産後

出産祝いで旦那を飲み会に誘うのはやめて!子育てで悩み苦しむ嫁の声

世の男性に知って欲しい産後クライシスという言葉。

産後クライシスとは、出産後に夫婦間の関係が悪化してしまう事を言います。

産後イライラは産後クライシス?!1分で出来る症状セルフチェック10リスト

こんにちは! 産後クライシスと産後うつについて私の実体験や周囲の友人の経験談などをもとに、記事を書いています。 産後クライシスと産後うつについて記事を書いていこうと思ったのは、 私自身が産後クライシス ...

続きを見る

『子供産まれたんだって?おめでとう!お祝い兼ねて飲みに行こうぜ!』

と発した言葉が、産後の妻を苦しめる原因になってしまう場合があります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




出産祝いで旦那を飲み会に誘うのはやめて欲しい理由

産後の育児は大変なんです

赤ちゃんが生まれてしばらくの間は、ママは育児にとても大変な時期です。

2〜3時間おきの授乳にオムツ交換、抱っこしても、オムツを替えても、おっぱいをあげても泣き止まずどうしていいか分からない時もあります。

そして常に睡眠不足です。

特に、一人目の出産の場合は、初めての育児でわからない事だらけです。

旦那さんは日中は仕事で不在ですので、一人で赤ちゃんの面倒を見なければなりません。

仕事から帰宅してくる旦那を、まだかまだかと心待ちにしています。

育児で困った事、嬉しかった事、大変だった事、こんな事があったんだと一番に話したい相手が旦那さんなのです。

夫『飲み会に誘われたから行ってきてもいい?』

妻『今日は行かないで欲しい』

夫『出産祝いと言われてるから、断れないんだよ』

なんて言われたら、『行かないで欲しい』と強く言えません。

その言えない気持ちが、妻の中でフツフツと不満に変わり、あなたの知らないところで、夫婦喧嘩の原因になっているかもしれません。

産後の奥さんは情緒不安定になりやすい

出産後の女性は、ホルモンバランスの急激な変化によってイライラしやすくなったり、急に不安になったり悲しくなったり、情緒不安定になりやすいです。

普段なら飲み会に行っても快く送り出せていた妻も、産後のイライラの状態だといつも通りに『いいよ』と言えなくなってしまう事があります。

友人を思いやって飲み会に誘ったはずの言葉が、友人の知らないところで、『また飲み会なの?!』と喧嘩の原因になっているかもしれません。

産後のパパとしての自覚

女性は、妊娠中から母性が芽生えますが、男性は出産後、赤ちゃんとご対面をしてから、少しずつ父性が芽生えてきます。

仕事が終わり、家に帰ってきてからが、やっと生まれたばかりの赤ちゃんとゆっくり過ごせる時間になります。

父性が芽生える貴重な時間ですので、『出産祝い』を口実に飲み会に出向く努力ではなく、家で赤ちゃんとの時間を大切にして、父性を育てる時間を作れるように努力して欲しいと考えているのです。

付き合いが多い男性ですと、色々な友人や職場の方から『出産祝いの飲み会』に誘われ、またそれを断るのも難しいのです。

産まれたばかりの家庭で、旦那さんが飲み会続きになると、奥さんも不満が募り、旦那さんに対して厳しい言葉を発してしまい結果産後クライシスに陥りやすくなってしまいます。

産後のガルガル期で離婚後悔しない為に知っておくべき3つのこと

産後のガルガル期とは?いつまで続くの?産後クライシスや産後うつにも要注意! 産後のガルガル期って一体何? いつまで続くの? ガルガル期のせいで産後クライシスや産後うつになったらどうすればいいの?? そ ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク




友人が産後クライシスにならない為の出産のお祝い方法

大切な自分の友達が産後クライシスで苦しまないように、こんな出産のお祝い方法はいかがでしょうか?

 

出産祝いを飲み会じゃない形でお祝い

例えば、出産後に子育てで役に立ちそうなものをプレゼントするという形でお祝いしてみるのはいかがでしょうか?

  • スタイ(よだれかけ)
  • お洋服
  • 離乳食用の食器
  • おもちゃ
  • おくるみやタオル

など、出産したての友人が育児で役に立ちそうなもの、喜んでもらえそうなものをプレゼントするのも喜ばれると思います。

家族揃ってのお祝いの場の提案

友人だけではなく、奥さんや赤ちゃんも一緒にお祝いの食事会を企画してみてはいかがでしょうか?

出産後1ヶ月ほどで、母子ともに外出が可能になります。

この場合、奥さんから、『私たちは良いから、あなただけで是非行ってきて』と言われる場合もあります。

その際は友人と飲み会を楽しんでください。

ですが、あまり遅くまで飲まないように配慮はしてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




飲み会は今じゃなくてもこれから先いつでも誘えるよ

産後は本当に育児が大変で、旦那さんになるべく家にいて欲しいと願っています。

ですが、子供の成長とともに、育児にそこまで手がかからなくなってくると、逆に、旦那さんに外で夕食を済ませてもらえると嬉しいと感じるようになってきます。

そうなったら気軽に飲み会にも誘えますよ!

まとめ

気を利かせて誘ったはずの好意が、あなたの知らない場所で『産後クライシス』の引き金になっているかもしれません。

産後間もない時期は、飲み会にあまり誘わないという好意の方が、友人の夫婦関係や家庭環境を円滑にする事ができ、結果として友人への本当の意味でのお祝いの気持ちを表現できることになるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク







  • この記事を書いた人

mihiro

昭和生まれ、田舎育ちの自由が大好き人間です。海とプールが好きだから季節は夏が好き。食べる事、お酒、旅行好き。 シングルマザー、愛犬と息子と生活しながら、妊活、産後クライシス、離婚などなど自分の経験を気ままに書いてます。

-産後
-,