子宮内膜症治療体験記

子宮内膜症手術当日の流れと手術室までの様子〜入院2日目

mihiro
子宮内膜症からのチョコレート膿腫により、毎月の月経痛と不妊で悩まされていましたが、とうとう手術を決意しました。

はい、やっとこさです。

 

手術名は、卵巣嚢腫摘出手術。

実際の手術当日の流れと私の心境など書き綴っていきたいと思います。これから手術を受けられる方の参考になれば幸いです。(参考になればいいな、なるかなどうかな。あんまり参考にならなかったらごめん)

前回からの記事の続きです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




卵巣嚢腫摘出手術当日いよいよ手術室へ

卵巣嚢腫摘出手術の準備が整い、部屋で看護士さんから手術室へ呼ばれるまで、本当に落ち着かなかったし、昨夜もよく眠れてなかったから眠くてしょうがなかったです。

手術の不安もあるけれど、この眠さも、麻酔をかけられたら一気に寝れるし、早く寝たいな〜なんて思ったりもしながら、呼ばれるのを待っていました。

手術予定の時間は事前に聞かされていたのですが、前の手術の予定が長引くと、予定時間が遅くなる場合もあるとのこと。

あんまり遅くなると、嫌だな〜って考えながらぼーっとテレビを見たりして過ごしていました。

そんなこんなで、手術予定時間から10分ほど経過したくらいで、部屋がノックされて看護士さんが来ました。

看護士「それでは手術室の準備も整いましたので、あと10分くらいでお部屋移動しますので、準備お願いします」

キタキタ〜〜!!いよいよ手術です汗汗汗

卵巣嚢腫摘出手術手術室での出来事

手術室に案内される際には看護士さんと、家族が付き添ってくれました。

手術室は実際に入るのは生まれて初めて。

ドラマで見たことがあるような格好をしているお医者さんや看護士さんがたくさんいました。

まず、家族立ち会いのもと、今日の手術の確認と名前の確認をしました。

そして、家族とは別れいよいよ手術室へ。

テレビで見たことがあるような、ベットがあり、そこの腰掛け、その後寝転ぶように指示されました。

ベットは、思ったよりもふかふかして暖かかったです。安心して手術を受けれるように、暖かい風が出るようになっているそうで、最近の医療はそんなことも考慮してくれるのかと感心しました。

それからは、心電図や色々な機会をあれよあれよと付けられて、されるがままでした。

ボーッとする薬を吸ってもらいますね〜って酸素ボンベを口元に当てられる。このボ〜ッとする薬がなんだか、ガスのような変な匂いで、ちょっと顔をしかめてしまうが、これで麻酔が効かなかったら怖いと思って頑張って吸いました。

確かにボ〜ッとして来てだいぶ眠くなって来ます。

その後、点滴から麻酔を入れられてのですが、一瞬で意識がなくなりました。

卵巣嚢腫摘出手術の手術後の様子

意識がなくなったと思ったら、私の名前を呼ばれてました。

なんか呼ばれてるけど、返事ができない、声が出ない、、、声を振り絞ってはいと答えると、「手術終わりましたよ〜」と言われ、え?いつの間に?本当に手術した??っていうくらい意識がなくなってから一瞬で手術は終わってました。

先生たちから何か言われてるんだけど、眠くて眠くて仕方ない。

昨夜の寝不足のせいもあるのか???笑

私の家族曰く、手術が終わってから2時間くらい寝ていたらしい。

目覚めた後に、手術の説明が担当の医師からありました。また、私が眠っている間に、家族は説明を受けていたらしく、実際に手術で切り取った嚢腫も見せてもらったそうです。

お肉みたいだったって言ってました。

卵巣嚢腫摘出手術後の痛み

手術が終わってすぐに腹部の痛みがありました。

生理痛のひどい状態な感じ。痛い!!と騒いでいたので、追加で痛み止めを入れてくれて、薬を使ったらすぐ落ち着き、そのまま、また眠りにつきました。

ハット目が覚めたのが夜の22時くらいだったのですが、まず、寝返りをしたいのだけど、寝返りって意外と腹筋を使うみたいで、痛くて寝返りが打てませんでした。

あとは、腹腔鏡手術の際にお腹にガスを入れて膨らませて手術をするそうですが、そのガスが抜けるせいであばらが痛かったです。

足には、血栓予防のポンプが付けられて、トイレにいけないから尿管もつけられてました。

尿管怖いな〜って思ってたけど、全然痛くなかったです。

むしろ、この身動き取れない状態が辛い。しかも手術後だから熱が出て汗がすごくて体も気持ち悪いし、早く明日になってこれ全部外してほしいな〜って感じでした。

手術後寝すぎたせいか、全然ねれなくなってしまって、看護士さんを呼んで睡眠導入剤を点滴で入れてもらってなんとか眠りにつきました。

 

◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

 

まとめ

痛み方とか感じ方は人それぞれかなって思いますが、私は今回の卵巣嚢腫摘出手術で一番辛い、痛いと感じたのは、手術日朝の浣腸でした笑

あとは、麻酔とか痛み止めとか薬でなんとかなりましたので、思っていたよりも辛くなかったです。

次の記事では、手術後の入院3日目の様子を書いていきたいと思います。

>>次の記事、卵巣嚢腫摘出手術のブログ入院3日目〜術後の痛み〜>>

スポンサーリンク







  • この記事を書いた人

mihiro

昭和生まれ、田舎育ちの自由が大好き人間です。海とプールが好きだから季節は夏が好き。食べる事、お酒、旅行好き。 シングルマザー、愛犬と息子と生活しながら、妊活、産後クライシス、離婚などなど自分の経験を気ままに書いてます。

-子宮内膜症治療体験記
-, , , , , , ,